ほっとタイム

今年は例年になくツバメたちの飛来も早く、気がつけばもう春本番。時はもうゴールデンウィーク真只中となりました。

山々の新緑の中で、ひときわ目立つ椎の木の花、お天気の日は家の中でじっとしていることが我慢できないほど、お外に飛び出したくなるこの季節。コロナ禍はもう遠い昔の話のように思えます。

そこでやはり残念なのが現在休止中の美祢線。本来なら各地からこの於福を目指して、列車の旅を楽しまれる方が一定数いらっしゃいます。利用者の数が減っているとはいっても、必要とされているのが鉄道です。

駅がにぎわえば地区がにぎわうと考えています。次の年は沿線ににぎやかな春が訪れるのを待ちながら、今年も復旧に向けた数々のイベントを考えていこうと、スタッフ一同頑張ります。

皆様もお気軽に、於福地域交流ステーションへ、ぜひお越しください。

 

 

 

今年もまた新しい年度を祝うような満開の桜が、美祢市のいたるところで多くの人の心を癒してくれました。

於福地域交流ステーション周辺の桜も例年にも増して色鮮やかに咲き誇り、周囲の人の目を楽しませ、またお茶とお団子が進むひと時をスタッフに与えてくれました。

たくさんの皆様をお迎えする場所として、於福交流ステーション、今年度もまたお話の花を一年中咲かせようと、スタッフ一同あの手この手で準備中です。さらに、簡単ではありませんが、美祢線復旧に向けた地道な活動にも取り組んでまいります。

そのためにもまずは皆さまが楽しい笑顔を迎えられる場所として、地域の皆様方と盛り上がっていきたいと思っております!

今年度も皆様方にお会いできるのを、心よりお待ちしてま~す!!

新しい年を迎え、お雑煮の箸をおいたと思えば、もう3月。卒業シーズンを迎え、いよいよ春の予感に浸りながらもまだまだ寒い日が続いております。春は美祢市にとっても、於福にとっても最高の季節です。今年もまた市役所近辺の河川沿いを始め、市内随所で満開の桜を期待できます。

於福地域交流ステーション周辺においても、国道沿いにも、満開の桜を楽しむことができます。ただ残念なことに、今年は車窓からの桜を見ることができずに、淋しい思いもあります。

沿線が活気づいてこそ美祢線の復旧も近いと思っております。今年度も終わりに近づき、桜の開花を待ちながら、新たな年度に向けて、会員一同皆様方と楽しく集えるように、元気いっぱい頑張ります!春に向かって於福から元気を!

あけましておめでとうございます。

 

昨年は美祢線が災害のため運休となりました。平成23年の豪雨で水害をうけ、平成24年に完全復旧し、頼りになる地元経済を支える路線だけに残念でなりません。皆様にも応援していただき、今、於福駅には美祢線応援団のフラッグが掲げてあります。時間がかかるでしょうが、いつかの日を待ちながら、令和6年を迎えております。

さて、本年度は明るい話題を期待しておりますが、ステーションは以前と変わりなく元気なおしゃべりが聞こえています。先日ステーションCAFÉの3回目を開催し、ミニクリスマスマーケットを開きました。ケーキにコーヒーで幸せ気分を味わい、最後はトランプ大会で盛り上がりました。ひとつのことに夢中になることは、日々のストレスを忘れ、違う世界に連れて行ってくれます。ステーションでは当分トランプブームが続きそうです。

今年も美祢線復旧のため、地域福祉のため、地域活性化のため頑張りたいと思っております。

 

今年もぜひ一度お立ち寄りください。お待ちしております!

早いもので今年もカレンダー一枚となりました。

今年はステーションにとって、いろいろと大変な一年となりました。コロナ明けで多くのお客様をお迎えすることができ始め、100周年記念の列車を迎えた4月からわずか2ヶ月で、6月30日深夜の豪雨により美祢線が壊滅的な水害にあってしまい運休、バス代行となりました。

私達沿線の住民にとって、大変残念な事態となってしまいました。山陽~山陰を最短で結ぶ美祢線は、地域経済を支える重要な路線です。特に美祢市においては美祢線が唯一の鉄路です。残念でなりません。

そこで10月には、厚保ステーションと市の皆さまと協力して、美祢線復旧要望を、2,500人分の署名を添えてJR西日本に届けてまいりました。ご協力ありがとうございました。まだまだ署名活動を続けております。

被害が大きいだけに復旧は難しくとも、またその勇姿を見れる未来を想像し、両ステーションでは少しでも地域社会に貢献できますように努力を惜しまない気持ちでおります。皆様にもぜひ美祢線を応援していただきたいと思っております。

よろしくお願い致します。

 

令和5年の終わりに・・・

1 2 3 4 5 6 7
トップへ戻る